研ぎ澄まされた孤独

とりとめのない思考を無理に言語化した記録

写真

【神秘的】闇夜に溶ける東京タワー

東京タワー。それをこの世で一番きれいに見れる場所が、六本木ヒルズにある森タワー屋上のスカイデッキだと思っている。 で、こういうのが撮れる。 スカイツリーも一応遠くに見える。 新宿のドコモタワーも遠くに見える。高層ビルの街ですねえ。 で、さる201…

【驚異の光学5倍】Huawei P30Proで五反田を撮影

前回、Huawei P30Proの光学5倍レンズで撮った写真を紹介した。今回は地元・五反田を撮ってみたので紹介したい。 まず家。 なにを汚い写真を、と思うかもしれないが、洗濯物に朝の陽ざしが当たってできる陰影がなんとも休日の朝という感じでとてもよかったの…

【最強カメラ】Huawei P30Proで街を撮影してみた

光学5倍レンズ(35mm換算で焦点距離125mm!)を有するHuawei P30Pro。2019年のフラッグシップモデルだ。昨年12月、ドコモ版の中古を約5万円で購入した。*1 SIMを差し替えて、街で写真を撮ってみた。以下、特に断りがない限りすべて撮って出し。 @秋葉原 5倍…

【iPhoneで夜景】都内を自転車で爆走し写真を撮影

生活に余裕があるときは、ふと深夜に思い立って、自転車で都内を走るという趣味がある。去年、それをやったときの写真が見つかったので見返してみた。iPhone11Proならこんなに手軽にきれいな夜景が撮れる。 これは7月29日に撮ったものみたい。たぶん品川とか…

【写真】夜の五反田を散歩する

深夜0時を回って、ふと外の写真を撮りたいと思った。去年の9月27日。まだぬるい空気が残っていた頃、だったと思う。五反田の夜を歩いた。 人はいないのに車はちょくちょく走るんだよな。 電柱電線フェティシズム。 雨に濡れた地面スキー 閉まったプロントの…

【夜景】東京タワーが見える展望台・浜松町のシーサイドトップの思い出(21年1月31日閉館)

東京の夜景が好きです。静かな展望台でそっとカメラをパシャリとするのが楽しいんです。でも夜景といっても、夕方ぐらいが一番いいんです。 ここは浜松町・世界貿易センタービルにある展望台・シーサイドトップです。たしか大人600円ぐらいの入場料がかかり…

【絶景】完璧な東京タワー夜景が見られる六本木ヒルズの展望台に6000円で入り放題【今年で最後】

これから空気が澄んで夜景がキレイに見れる季節に突入するわけだが、東京で一番いい夜景が見れる場所を教えよう。六本木ヒルズ森タワーにある屋外展望台・スカイデッキである。 2年前に撮った写真 ここに行くには、屋内展望台入場料1800円に加えスカイデッキ…

【飲食界のドンキホーテ】ラッキーピエロの絶品バーガー 北海道周遊⑥函館→東京編

遅い夏休みを取って行った北海道周遊旅行も最後。函館山の美しい夜景に心を洗われ、気持ちの良い最終夜を迎えることができた。しかし明日は朝イチの空港行きバスに乗り、帰ることになる。短い滞在時間で函館を満喫できるのか―― 怪しすぎる外観 旨すぎるバー…

【絶景】函館山で世界三大夜景を望む 北海道旅行⑤札幌→函館編

前回、網走から「熊と衝突する列車」で6時間かけて札幌にやってきた。北海道周遊の5日目となる今回は、札幌から函館に移動。函館山で見た夜景を紹介する。夏休み最終夜となり寂しい気持ちもあったが、この景色がそんな憂鬱を吹き飛ばしてくれた。 朝、札幌の…

【長すぎ】熊と衝突する列車で駅弁を堪能 北海道旅行④網走→札幌6時間編

北海道周遊3日目は、根室から超長距離を経て網走に到達し、オホーツクの味覚を平らげた。4日目となる今日は、網走監獄の博物館を見た後、石北本線の特急で道東を脱出。人口200万人都市・札幌をめざす。途中、アクシデント(というほどのものでもないのだが)…

【海鮮丼】オホーツクの「海の幸」を食らう 北海道旅行③根室→網走編

厚岸で牡蠣を、根室で謎すぎる洋食を味わった北海道周遊の2日目。3日目の今回は本土最東端の地・納沙布(のさっぷ)岬を訪れたのち、釧路に戻り、釧網(せんもう)本線で網走をめざす。でも網走って、監獄以外にいったい何があるんですかーー ヒントは「オホ…

【最果て】無人駅から日本最東端の街へ 北海道旅行②釧路→厚岸→根室編

帯広で豚丼を食べて釧路でカレーを食べた1日目を終え、北海道周遊の2日目。釧路から根室本線(通称花咲線)を利用して牡蠣で有名な厚岸で下車し、夜には根室をめざす。北海道における「電車で一本」の大変さを、まだこの時までは知らなかった。 たった1両の…

【夏休み】8.5万円で5泊6日の周遊  北海道旅行①東京→帯広→釧路編

遅い夏休みを取り北海道を周遊した。帯広、釧路、根室、網走、札幌、函館の6都市だ。とくに節約を意識してはいなかったが、5泊6日を約8.5万円で過ごした(当然、より安くすることは十分可能と考える)。まずは、十勝の濃厚豚丼やローカル格安カレーなどを食…

もっと近くでよく見たいという当たり前の欲望

視界に入るものすべて一枚に焼き付けたいと思っていた。もっと広く、もっと全部カメラに収めたいと思って広角レンズを買った。まあそれは良かった。でも逆に、もっと寄りたい、もっと近づきたいとも思った。広角レンズというのはどんどん後ろに遠ざかってい…

ストリートスナップ@浜松町

12月12日水曜日ーー 前日に降った雨がアスファルトに溜まり、冬の寒さを一層研ぎ澄ませていた。スーツ姿のまま、カメラを携えた僕はこの街に降り立った。 高度成長の象徴となる電波塔を望む。 暖かなオレンジ色が暗闇に浮かぶ雲を照らし出している。 手前に…

六本木ヒルズ展望台+スカイデッキの年間パスポートを購入しました

今日は六本木に用事があったのですが、東京タワーも冬カラーになったことだし、ということで、カメラを持って行きました。 そしてノリで年パスを作ってしまったというわけです。通常、スカイデッキまで行くには2300円かかります。年パスは6000円ですから、1…

ニューヨーク旅行の写真

大学4年生の最後の春休みに一人でニューヨークに行ったという話を1万5000字の日記にしたのですが、なんの意地か写真を一枚も載せず、文章だけですべてを説明しようとしていました。でもよく考えたらあの旅行中に撮った写真ってロクなもんがなかったんですよ…

六本木ヒルズスカイデッキから港区の夜景・東京タワーの煌めきを望む

かねてより行きたかった六本木ヒルズの展望台に登ってきました。いわゆるガラス張りの展望台がチケット1800円、屋上のスカイデッキに登るには別途500円がかかります。 なお、スカイデッキに登る際はカメラやスマホ以外の荷物をロッカーに預けなければならず…

東京タワー夜景@世界貿易センタービル&芝公園+五反田夜景

夏休み。6連休を取った僕はドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』を読破しようと目標立てたもののページを繰る手が進まない。物語自体は面白い。文章も光文社古典新訳文庫ということもあり読みやすい。けれども家でじっと本を読み続けるということそれ自体…

TOKYOとNYC(マンハッタン)の夜景を比べてみる

高層ビルに点いている赤い光が好きだ。 ということで西新宿にある都庁の展望台に行ってきました。物心ついたときから新宿に住んでいたのですが、じつは展望台には一度しか上ったことがありませんでした。その一度とは小学生時代の社会科見学です。もちろん真…